40代の日々つれづれ

40代になり、日々思うこと

気持ちが疲れる

私はメンタルに病気があり、


20代前半から治療している。


20代はカウンセリング、30代は心療内科にいき、現在は44歳。


私は生きるのが下手なので、社会に出て、閉塞感に襲われ、病気になってしまった。


今でも空を見上げて、ああ、明日なんか来なくていいと思う時があり、


次の日に仕事にいくのがしんどい。


ときどき、姉に連絡したりして慰めてもらう。


精神安定剤や抗うつ剤をのんで、やりすごしている。


店にいったりして、商品をみていたりしても、体だけそこにあるだけ、頭は

かなりしんどい時がある。


私のこんなところを受け止めてくれ、理解してくれるのは家族だけだろうと


結婚や恋愛をあきらめているところもある。


メンタルに病気があることは本当に面倒だ。なかったらどんなにいいか空想する。毎日元気な1日。


今は仕事が休みの日は鬱状態だ。


もう限界なんだろうか。もう走れないんだろうか?


足が止まってしまうことが怖くてたまらない。